中高年の転職・就職を成功させるために必要なことを徹底解説!

当サイトは40歳以上の中高年の方が転職を成功させ、次の仕事に就くためにはどうすれば良いのか?について超本気、超マジメに取り組み解説するサイトです。

転職成功のためにやるべきこと、注意すべきこと、選考に通過するためのテクニックなどを超具体的に紹介し、戦略的に内定を勝ち取ることを目標にしています!

なぜ、これほど中高年の転職・就職はむずかしいのか?

の時代、転職・再就職を成功させるのはとても厳しい。
とりわけ中高年の転職は、ハッキリ言って、どの世代の人よりも厳しいというのが現実です。

アベノミクスによりリーマンショックでボロボロになっていた経済状況は回復の兆しを見せています。
それと同時に中高年を対象にした求人情報も徐々に増えてきて、かなり状況は良くなりつつあります。

しかし、それでもまだまだ中高年世代の現実はとても厳しいものがあります・・・

なぜか? 理由は2つあります。

求人情報の探し方を知らない

中高年を対象とした求人情報はオモテに出ていない(隠れている)ことの方が多いんです。
実は40歳以上の求人情報は探し方を間違わなければかなりの数があるのですが、
どこにその有力な求人情報があるのかを知らない人がほとんどなのです・・・。

今、いちばん求人情報を握っているのは転職エージェントと転職サイトの2つです。
特に転職エージェントは一般公開していない「非公開求人情報」として、80%の求人情報を隠し持っています。また、転職サイトでは企業が欲しい条件を満たした人にスカウトが来ます。

これを上手く活用しないと自分を欲しがっている企業の求人情報を手に入れることができません。
対象となる求人情報を見つけられなければ履歴書すら送ることができません。

アピールの仕方が間違っていて、企業から欲しいと思われない

2つ目の理由は、企業が欲しがる中高年の人材というのは限られている、言い方を変えると、「欲しい条件にピッタリの人だけをピンポイントで採用している」ということ。

その企業がどういう人材を欲しがっているのか?をキッチリと見極めて、それに沿った履歴書、職務経歴書を書き、そして、自分がいかに役に立つ人材なのかを面接でアピールできなければ企業からウチが求めている欲しい人材だ!と思われないのです。

内定を手にするには、この2つの事をクリアする必要があります。
中高年のあなたが転職・再就職を成功させるには、これらのことを受け入れて、
徹底的に対策する事、そして徹底的に求人情報を集めなければいけません。

簡単に書きましたけど、結構大変なことです。

当サイトではこの2つのことを中心に、
「どうやれば転職・再就職がうまくいくのか」について具体的に、本気で解説しています。
まだまだ元気な中高年、戦う中高年を心から応援するつもりで運営しています。
是非とも参考にしてもらいたいと思っています!

中高年の求人情報を握っているのはココだ!

リクルートエージェント ←[転職のプロを味方につける]

リクルートエージェント リクルートエージェントの公式サイト

転職市場で圧倒的NO.1の転職実績と求人情報を持っているのがリクルートエージェントです。中高年の転職・再就職にも強いことで知られています。一般に公開されていない非公開求人を約66,000件握っていて、求人情報が少ない中高年の方には力強い味方です。

また、リクルートエージェントは「転職エージェント」ですから、転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれます。

求人情報の紹介、面接日時の調整、希望する年収の調整もすべて任せることができるのも大きなメリット。完全に無料で利用できるので利用価値はメチャクチャ高いです。

リクナビNEXT ←[24時間いつでも求人情報を探せる]

リクナビNEXT リクナビNEXTの公式サイト

日本最大の転職サイト「リクナビNEXT」。運営はリクルートエージェントと同じくリクルートです。転職する人の7,8割はリクナビNEXTを使っているといわれるほど有名な転職サイトですね。

リクナビNEXTのメリットは、登録さえしておけば24時間いつでも求人情報を探せて、応募ができるということ。掲載されている求人情報は質も量もハローワークなどの比ではありません。

また、登録後に自分のプロフィールをきちんと登録(「レジュメ登録」と言います)しておくと、企業から面接受けてみませんか?とスカウトが来ることも良くあります。40歳以上の中高年をターゲットにした求人情報も豊富なので、どういう企業が求人をかけているのかを知るためにも是非使いたいところです。リクナビNEXTも完全無料です。

同年代のライバルたちに求人情報の「量」と「質」で圧倒的な差を付けられる
中高年のが必ず利用すべき転職エージェント・転職サイトはこちらにまとめています。

あなたが企業から魅力的な人材だと思われる方法

厳しい、厳しいと言われている中高年の転職。
でも実は、転職する人の数が最も多いのが40代以降の中高年と言われています。

冒頭でも書きましたが、40歳を超える人を欲しがっている企業は転職エージェント、転職サイトを使って探してみると結構みつかります。こんなにあるの?と驚くかもしれません。

ただし、採用されやすいのは"その企業が欲しい条件にピッタリと当てはまる人"です。

これものすごく重要なポイントです。

自分はできる人材だ!と息巻いてアピールをしたところで、
その企業が「欲しい」と思わなければ全然ダメ。

重要なのは、企業が求める人材像を正確に知り、
私はあなたの企業にとってこんなに役立つ、力を発揮できる人材です」とアピールできることです。

両者の違い解りますか?

自分本位のアピールをすることはピンポイント採用が主流の中高年世代には意味がありません。
重要なのは、その企業が欲しい人材像をきっちり理解して、それに沿ったアピールをし、企業から欲しい人材だと思われるようにすることです。言葉をかえると「その企業にあせてて自分を演出する力」が必要なんです。

自分自身をいかに魅力的に“演出”し、企業に「欲しい!」「必要な人材だ!」
と思わせられるかが転職の明暗を分ける鍵となるのです。

では、これを実現できるようにするにはどうしたら良いのでしょうか?
管理人が考えるいちばん効率的な方法を5つのステップにまとめました。

この5つを順番にきっちりとこなしてください。

転職までの計画を立てて、自分のキャリアプラン、転職の条件を見つめなおす。そして、今までのキャリアを振り返り、まとめる。そして、転職エージェント・転職サイト、ハローワークなどで徹底的に求人情報を集める。最後の〆は書類選考、面接での自分のアピールの仕方(伝え方)を磨きまくる。
この5つのステップで転職活動を進めれば内定をもらえる確率はグンとあがります。

逆に、この5つができていなければ、管理人の経験上100%転職は失敗すると断言できます。

各ページとも、中高年の方に当てはまるよう、本気でアドバイスさせていただいています。
ぜひ参考にしていただき、転職を成功させていただきたいと心から思っています!

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について