1. トップページ
  2. 地方での転職は苦戦する

地方での転職は苦戦する

地方に住んでいる、地元に帰って転職をしたいと考えている方へ。

地方での転職活動には首都圏とはまた少し違ったルールがあります。
その点を抑えて、進めていく必要があるのです。

地方での転職で注意すべきことを紹介します。

地方での転職活動が苦戦する理由

はっきり言って、中高年の方が地方都市での転職活動をするのはかなり厳しいことです。
その理由は

  • 地方では中高年の方に適しているポストに空きがない
  • 希望条件に合った求人が少ない
  • 未だに地方の景気はそれほど回復していない
  • 地方ほど年功序列の風土が強く、転職者を好まない

などの理由から転職活動はかなり厳しいのです。

では、このような逆境のなかで転職を成功させるためには
何をするべきなのか?をここでは紹介していきます。

求人情報をどれだけ集められるかが勝負!

転職を成功させるにあたって、最も重要なのは
求人情報をどれだけ集めることができるか?が鍵となります。

そもそも求人件数が少ない環境内では、
できるだけ多くの媒体から求人を集めることが欠かせません。

具体的には以下の媒体を全て利用することで1件でも多くの求人情報を集めてください。

  • 新聞
  • 雑誌広告(フリーペーパー)
  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 人脈(縁故・知り合いの紹介など)

特に地方では新聞やフリーペーパーにも求人が多数寄せられています。
また、ハローワークにも多くの求人があるので欠かせません。

求人情報の更新というのは変化が激しく、1週間ごとに追加・削除が繰り返されていきます。

ですから、これらの媒体には毎日のように目を通して、
自分の希望条件に合致した情報があるかを確認してください。

縁故・知り合いなど人脈も活かそう

地方で有利に働くのが人脈です。

働きたい地域に知り合いや縁故者がいるのであれば、
その人に働き先があるかを聞いてみるのも有効です。

活かせる人脈は全て活かす。恥ずかしがっている場合ではない

知り合いに転職先を紹介してもらうのは恥ずかしく感じるかもしれませんが、中高年の方は四の五の言っている余裕はありません。

一言、聞いてみるだけで思いもよらない仕事に
出会えるかもしれないのです。

また、縁故や知り合いからの紹介となると
内定をもらえる可能性がグンと高まります。

地域や人との繋がりが深い地方だからこそのメリットです。
このメリットを活かさない手はありませんよね。

困ったら、業界・職種へのこだわりは捨ててしまうのもあり!

どうしても希望条件での求人情報が見つからない場合は、
業界・職種へのこだわりは捨てて探してみるのもありです。

先ほども説明しましたが、地方における求人情報は少ないです。

さらに同業種・同職種などの希望条件に絞って探すとなると、
集められる情報は非情に限られたものになってしまいます。

時としてこだわりをゆるめ、視野を広げることも大事

ですから、背に腹は代えられないときには、
希望条件に対するこだわりを少し弱めて、

幅広い視点で探してみるようにしてください。

あなたがこれまでやってきた仕事内容とは違う業界でも、
あなたのスキルやキャリアを求めている会社が出てくる
可能性があります。

キャリアを高く評価してくれて「ぜひ、うちに来て欲しい!」と
言ってくれる会社もゼロではありません。

まずは、こだわりと妥協のバランスを考えながら、
転職活動を進めることが地方では重要なことなのです。

都心部から地方へ移動する場合は減給覚悟で

最後に覚悟しておいてもらいたいのは、
「地方での転職すると年収が下がる」ということ。

下がる範囲としては50~100万程度。
都心部から地方に転職してきた人のなかには200万円下がった人もいます。

100万円年収が下がるということは、月平均で8~9万円下がることになり、
生活水準に大きく影響を与えるのはいうまでもありません。

収入は確実下がる。転職前に、最低どれくらいの収入が必要かを計算しよう。

また「地方であれば家賃が安いので多少のダウンは・・・」
と思うかもしれませんが、家賃以外の収入はほぼ下がりません。

他にも光熱費が上がったり、交通手段として自動車を利用しなければいけなかったりするため、生活費については都心部で暮らしていたときとほとんど変わらないのです。

そのため都心部から地方に転職する場合には、最低でもどれくらいの収入が必要なのかをリアルに計算して、そこを最低条件として転職活動をする必要があります。

まとめ

最後にこのページで紹介したことをまとめておきます。

  • 地方における転職活動は苦戦する
  • できるだけ多くの求人情報を集めるため、使える媒体は全て使おう
  • 毎日各媒体をチェックすることを忘れずに
  • 縁故・知人からの紹介も地方なら効果的
  • 希望条件の範囲を広げて探すことも大事
  • 都心部から地方へ転職する場合は50~200万円程度、年収が下がることもある

地方で転職をするときには、これらの注意点を意識しながら
転職活動を進めていくようにしてください。

ここまで書いていると「地方で転職しない方が良いかな・・・」と思うかもしれません。

確かに転職市場的には厳しい環境ではありますが、
それでもあなたがその地域で転職したいと思うのであれば
積極的に転職活動をするべきだと管理人は考えています。

やはり、中高年となると働き方だけでなく、今後の暮らし方についても
深く考えなければいけなくなります。

そのときの選択肢として地方で暮らすことが思いついたのであれば、
まずは一度転職活動をしてみて、そのうえで判断するのも悪くないと思うのです。

とはいえ中途半端に転職活動をやっても内定を得ることはできませんので、
やるのであれば、できる限りの努力をして納得できるまでやるようにしてくださいね。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について