1. トップページ
  2. 年収アップを実現する方法

年収アップを実現する方法

転職するにあたって実現したいのが年収アップですね。

中高年の転職において、年収が上がるのか下がるのか、現状維持なのは
極めて関心が高いポイントになると思います。

ここでは何をすれば年収を上げることができるか、
どのようなことに気をつけるべきなのかを紹介します。

中高年の転職でも年収アップは可能

転職する動機の1つに「年収をあげたい」と考えて
転職することを決意する人もいるはずです。

年収アップは可能。ただし、条件次第!

しかし、この不景気のご時世に年収アップはできるのか?
と疑問を感じる人もいるはず。

結論をいうならば、年収アップは可能です。

実際にこれまでに管理人に相談をしてきた多くの方が新しい仕事で
年収アップを実現してきました。

とはいえ、誰でも年収が上がるわけではありません

もともと、あまりにも年収が低すぎた場合を除いて、
年収を上げるためには大きく以下の2つの条件が求められます

  • 役員、管理職、マネージャー職などに就く
  • 年収の高い業界を選ぶ

この2つの条件について説明をします。

役員・管理職・マネージャー職などの役職に付くことを前提に活動しよう

まず、最も年収を上げやすいのが役職に就くことです。

特にこれまで役職に就いていなかった人は手当も付くようになり、
年収は大幅に上がる可能性があります。

また、役職付きの求人を出している会社は緊急性が高く、
少しばかり高い年収を出しても人を採用したいと考えている傾向があります。

ですから年収アップを狙いたいのであれば、まずは役員・管理職・マネージャー職になることを前提に転職活動を進めるようにしてください。

年収の高い業界を選ぶのは間違っていない、、、が。

そして、もう1つの年収を上げる方法が給料の高い業界に転職することです。
具体的に年収の高い業界というのは、

  • 住宅メーカー
  • 不動産
  • 保険会社(特に外資)
  • 自動車のディーラー
  • 金融会社(特に証券・先物など)

これらの業界に入れば年収アップも夢ではありません。

ですが、これらの業界の特徴としては、
成果報酬によって給料が高くなっているという傾向があります。

つまり、毎月の厳しいノルマをクリアできれば高い給料がもらえ、
クリアできなければそこそこの金額しかもらえないという意味でもあります。

あわせて仕事が厳しく、非情に大変であることも
考慮した上で、それらの業界を選ぶかどうかを決めるべきでしょう。

年収の交渉は内定をもらった後で

最後に年収を上げるための交渉について説明をしておきます。

最も重要なポイントは、
年収の交渉は内定をもらった後にする!ということです。

なぜなら、選考を受けている間は、あなたは選ばれる立場にあり、
企業の求める条件にできるだけ合致していなければ選考に通過できません。

選考の途中で給料の交渉などをしてしまうと、
図々しいという印象しか与えないのです。

しかし、内定をもらった後には立場が逆転します。

年収交渉は内定をもらった後。立場の変化を見逃すな!

あなたは選ばれる立場から、選ぶ立場になるのです。

企業としては時間も労力もかかる転職者の採用を終わらせるために、
なんとかあなたをクロージングしようと調整をしてくれるのです。

つまり、内定後が最も企業と交渉がしやすいタイミング!

内定後の交渉が重要!」にくわしく書いていますので参考にしてみて下さい。

年収アップを狙うのであれば、内定をもらってから!
このポイントは忘れないようにしてください。

まとめ(年収アップは条件次第)

最後に年収アップをする方法について再度まとめておきます。

  • 中高年の転職でも年収アップは可能
  • 役員、管理職、マネージャーなど役職付きとなると年収は上がりやすい
  • 年収が高い業界を狙うのも1つの手だが、仕事がきついこともあるので要注意
  • 年収交渉は内定をもらった後にすると、話が通りやすい

以上の4つのポイントを覚えて、年収アップを目指して
転職活動をするようにしてください。

ちなみに、転職エージェントなど企業の求人情報をあなたに紹介してくれるサービスを利用しておくと、あらかじめあなたの希望条件(年収)に合致した企業を紹介してくれるため、年収アップをスムーズに実現しやすくなります。

1つの手法として転職エージェントに求人情報を集めてもらうのもありですよ!

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について