1. トップページ
  2. 履歴書の基本的な書き方

履歴書の基本的な書き方

書類選考の1つである履歴書。
この書類を個人情報・経歴をまとめるだけのものと思っていては大間違い!

魅力的な履歴書を作ることができるかが
選考を通過できるかの大きな分かれ道
となります。

ここでは履歴書を書くうえでの基本ルールを紹介します。
必ずルールに則って書くようにしてください。

履歴書の役割を知ろう

転職活動において最初の関門となるのが書類選考です。

この書類選考では履歴書と職務経歴書の2種類の書類を提出する必要があります。
それぞれの役割について簡単に説明をすると、

履歴書・・・
氏名・年齢・住所・学歴・職歴など転職者の決まっている情報を記載する書類。
また、志望動機や勤務条件などの転職者が伝えたい情報も記載することになります。

職務経歴書・・・
これまでのキャリア(仕事上の経験)を記載する書類。
どのような仕事をして、どれくらいの結果を残してきたのか?
また転職後に活かすことができるスキルや能力などをアピールする
書類になります。

それぞれの書類の特徴を聞くと、職務経歴書の方が重視されると思われがちですが、履歴書はあなたの人間性をアピールし、「会ってみたい」と思わせるのに必要な書類のため、どちらの書類も気を抜かず、徹底的に考え抜いて準備する必要があるのです。

ここで知っておくべきポイントとなるのが、
採用担当者はどのような視点で履歴書を見るのか?という点です。

採用担当者の視点

採用担当者は履歴書のどのような点を見るのか?

結論は先ほど述べたように、あなたの人間性をチェックしているのですが、
具体的には以下のようなポイントで判断をしています。

  • 丁寧な文字で書かれているか?
  • 写真の雰囲気
  • 学歴は条件にあっているか?
  • 求める条件を満たす職歴か?
  • どのような資格を持ち、それが仕事に役立ちそうか?
  • 志望動機は自社専用のものか?
  • (転職者の)希望条件は問題ないか?

これらのポイントについて、もう少し詳しく説明します。

丁寧な文字で書かれているか?

「字は人を表す」というように、文字のキレイさや丁寧に書かれているか?ということで、
その人の人柄を判断する人も多いようです。(書き方については後述します)

写真の雰囲気

履歴書には写真を貼ることが必須ですが、その写真の雰囲気からも人柄を推測して
判断材料として使う
傾向があります。実はかなり重要な要素だと私は考えています。

学歴は条件にあっているか?

企業の中には「大卒以上」といった学歴を募集条件に入れていることがあります。
なかには「東京6大学以上」「国立・早慶レベル」などという条件で絞り込んでいる
企業もざらにあります。

求める条件を満たす職歴か?

これは職務経歴書でもチェックされますが、同業界に勤めていたか?
職種は何だったのか?などの簡単な部分でのチェックは履歴書でされます。

どのような資格を持ち、それが仕事に役立ちそうか?

特定の資格を持っていなければお話にならない場合は、資格もチェックします。
またTOEICなどの語学力も1つの判断材料としています。
ただし、仕事で役に立たない資格については特に評価されることはありません。

志望動機は自社専用のものか?

履歴書の最大のポイントが志望動機です。ここでは熱意と応募する企業に対する
オリジナリティがあるか
がチェックされます。他の企業でも使えるような志望動機では価値はありません。(詳しくは→志望動機のまとめ方

(転職者の)希望条件は問題ないか?

まずは最初の段階での希望条件を履歴書で確認することが多いです。
(転職エージェントの紹介で選考を受ける場合は別)
企業側の要望と大きく離れていると選考に落ちる可能性もあります。

採用担当社はこれらのポイントをチェックしていますので、
どれも気を抜いて書くことはできないということがおわかりになるかと思います。

では、ここで書くときの基本的なルールについても説明をします。

書くときの4つの基本ルール

履歴書を書くときに最低限知っておくべき4つの基本ルールを紹介します。
それが以下の4つ。

  1. パソコンで準備してもOK
  2. 写真
  3. 略称は禁止
  4. 連絡先の情報は間違えないように

こちらもそれぞれ気をつけるべきポイントを説明します。

1.パソコンで準備してもOK

「履歴書は手書きで」と思っている方も多いようですが、最近では手書きよりもパソコン
(ワードやエクセル)を使って履歴書を準備するのが主流となっています。

パソコンで作成するメリットとしては以下のポイントがあります。

  • 文字のキレイさなどに左右されない(字に自信がない人にとっては大きいですね)
  • 簡単に修正することができる(手書きの場合、修正液などでの修正はNG)
  • 簡単に複製することができる(志望動機などを書き換えるだけで他の会社にも使える)

特に中高年の転職となると、可能性を広げるために多くの会社に履歴書を送って、
選考に申し込む必要があり、そのたびに手書きですとかなりの手間と時間がかかります。

ですから、絶対パソコンで作ることをオススメします。
(会社側から手書きの指定がある場合は別です)

2.写真

履歴書に貼る写真というのはとても重要です。

印象の良い写真を使うのがコツ!意外と意識していない人は多い!

どれだけ明るい性格の人でも写真で怖そうな顔をしていたり、
表情が暗ければ、それだけで「この人は性格が暗そう」という
印象をもたれてしまうのです。

また採用担当者が一度に複数枚の履歴書をチェックすることもあり、そのときに印象の良い写真を使っている人の方が確実に目に止まり、選考に呼ばれる可能性がグンと高まります。

嘘みたいな話ですが、これは本当の話です。
必ず表情の良い写真を使うようにしてください。

ここで使用する写真の注意点を説明しておきます。

白黒の写真はNG

当たり前のように思うかもしれませんが、白黒写真を履歴書に貼ってくる人はかなりいます。
遺影の写真のように見えてきます。←ホントです!

スーツ着用が基本

カジュアルなジャケットやキレイめの洋服で好印象を与えようと考える人がいるようですが、
履歴書に貼る写真についてスーツ着用が基本です。

インスタント写真は避けるべき

履歴書の写真は写真屋さんなどで撮ってもらうことをオススメします。
個人的な見解ですが、駅などにあるインスタント写真ではどうも映りが悪いからです
(おそらく、あの狭い空間に問題があると思われます)。

髪型なども完璧に

「写真だから髪型などは気にしなくてもいいか・・・」などと考えるのは大間違い。
1回の面接の場に臨む気持ちで、髪型もばっちり整えたうえで撮影してもらいましょう。

表情は自然な感じで

証明写真はどうしても表情が硬くなりがちです。それだけで怖く・暗い印象を
与えることになります。そうならないように、表情筋のマッサージや口角を
少し上げて撮影に臨むなど、表情を意識するようにしてください。

以上が写真に対する注意点です。
かなり重要なポイントとなるので外さないようにしてください。

3.略称は禁止

学歴や職歴などを書くときには略称は禁止です。

例えば、、、

  • 高校→高等学校
  • 株式会社→(株)
  • 特定非営利活動法人→NPO

というように組織名を略称で書くのは常識知らずとなりますので、気をつけてください。

また、それ以外にも資格や趣味・特技の欄などでもできる限り略称ではなく、
正式名称で書くことを管理人はオススメしています。

正式名称が何であるのかをしっかりと確認してから履歴書を書くようにしてください。

4.連絡先の情報は間違えないように

「連絡が来ない・・・」もしかして、連絡先が違っていたのでは?

最後に当たり前のことなのですが、、、
連絡先(特に電話番号とメールアドレス)は書き間違えないように。

企業が連絡をしたいときに連絡が取れなくなります。
たったこれだけのミスが命取りになることだってあるのです。

ですから、履歴書を完成させた後には、最後にもう一度連絡先の情報に
間違いがないかを確認するようにしてください。

この4つのポイントが履歴書を格上で120%外してはいけないルールです。
必ず覚えておくようにしてください。

まとめ

ここでは書類選考に提出する履歴書の基本的なルールについて説明をしました。
改めて書いた情報を整理すると、

  • 履歴書はあなたの人間性をアピールする資料である
  • 採用担当者は履歴書からあなたの人柄と募集条件に一致しているかをチェックしている
  • 履歴書を書くときには4つの注意点を120%外してはいけない

ここで説明したことはあくまでも最低レベルとしての内容です。
この内容を知らずして、選考に通過するということはありません。

次は履歴書の中で最も重要となる「志望動機のまとめ方」について説明をします。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について