1. トップページ
  2. 実際に職務経歴書を書いてみよう

実際に職務経歴書を書いてみよう

基本ルールを理解したところで、早速あなたの職務経歴書を書いていきましょう。

ここでも管理人がサンプルを用意しましたので、それを踏まえながら、
どのような構成で書くのが一番見やすく、企業に対して魅力的に
見えるのかを説明
していきます。

流れに沿って、1つ1つの項目を順に書いていってください。

職務経歴書の構成

最も効果的な職務経歴書の書き方を紹介します!

職務経歴書はどうやって書けばいいのか?
実は職務経歴書には定型のフォーマットというのはありません。

様々な転職サイトや本などで紹介されているものも
全て書き方がバラバラ。

ということで、管理人の経験から最も採用担当者がわかりやすく
訴求しやすいフォーマットの構成を紹介します。

構成は以下のように作成してください。

  1. 個人の基本情報
  2. キャリアの概要
  3. 時系列での職務経歴
  4. 転職動機(志望動機)
  5. 免許・資格

この構成で書くにあたって、先に管理人の方でサンプルを作成しましたので見てください。

実際に書いてみた

職歴の書き方にはコツがある!
※クリックすれば画像が大きくなります。

このサンプルの職務経歴書をベースに、どのように書けば良いのかを説明します。

構成ごとの書き方のアドバイス

1.個人の基本情報

まずは個人情報を書くようにしてください。

多くの人が「履歴書に書いてあるから書かなくてもいいだろう」
と思う人もいますが、職務経歴書にもしっかり書くようにしてください。

読む人への配慮ある職務経歴書が書けるか?このポイントが重要!

企業によっては選考のタイミングで職務経歴書だけを
複数枚コピーして面接官に渡すところもあります。

このときに連絡先を職務経歴書に書いておいた方が採用担当者や
面接官にとっては親切なのです。(こういう配慮が重要)

運が良ければ、面接官と同郷であったり、近くに住んでいることがわかって
話のネタになることもあるので書くようにしてください。

2.キャリアの概要

これまでのキャリアのポイントをまとめる箇所です。
ここでキャリアの概要をまとめておくと、

  • 採用担当者が一目であなたのキャリアを思い出すことができる
  • 複数の転職者を比較するときに参考にしやすい
  • 面接官も概要を見てあなたを判断できる

などのメリットがあります。

特に面接官は事前に履歴書と職務経歴書をしっかり読み込んでくることなく、
面接の直前に資料に目を通すことも珍しくありません。

そのようなときにキャリアの概要がまとめてあると
それだけでパッとあなたのキャリアを理解してもらえるのです。

書くときの注意点としては

  • 4~5行以内に収めること
  • 経験やスキルの箇条書きにしないこと
  • 希望職種に関係あることを書くこと
  • まとめとして企業に対して貢献したいことを書くこと

この4つのポイントを押さえて書くようにしてください。

3.時系列での職務経歴

概要をまとめたら、次はあなたのキャリアを細かく洗い出してください。
この職務経歴を書くときの注意点は大きく2点。

  1. 都合の良い時系列で書くこと
  2. 文章量の調節をすること

それぞれについて説明します。

1.都合の良い時系列で書くこと

書き出す場合には時系列で書くのが望ましいのですが、
時系列にも「普通の時系列」と「逆時系列」の2種類があります。

ここで大事なのはアピールしたいキャリアを先にもってくること。

アピールしたいキャリアが先に来るように書くべし!

人の記憶というのは最初に見たり、読んだ情報ことから覚えていき、
後からになればなるほど、その記憶は曖昧になっていきます。

つまり、自分がアピールしたいキャリアが時系列でまとめた場合、最初の方に固まっているのであれば、普通に時系列で書くべきであり、逆に後半の方に固まっているのであれば、直近のことから遡って書いていった方が良いのです。

また総務職と営業職を違う会社でやっており、
転職先で営業職を希望する場合にも営業職の会社の経歴を先に書く方が良いです。

2.文章量の調節をすること

それぞれのキャリアをまとめるときの文章量にも気をつけてください。

アピールしたキャリアについては文章量を多めに、
逆にあまりピックアップされたくないものについては少なめにするべきなのです。

「どこがアピールポイントだ?」と思われないように!

もし、それほどアピールしたくないことに対して、長々と説明をしていると、採用担当者としては、そちらのキャリアをアピールしたいのか?と感じてしまいます。(特に文章を書くときには後半に書くに従って長文になる傾向があります)

また文章の量を全て同じくらいにしてしまうと、一体どこを一番アピールしたいのかがわかりづらいというデメリットもあるのです。

ですから、一番アピールしたいキャリアを重点的に書くことで、採用担当者にわかりやすく、あなたのセールスポイントをアピールするようにしてください。

もちろん、無駄な情報をダラダラと書くのではなく、
コンパクトさを意識することは忘れずに!

4.転職動機(志望動機)

転職動機・志望動機については、履歴書にも書きますが、先ほども説明したとおり、
職務経歴書しか見ない面接官もいるため、職務経歴誌にも書くようにしてください。

とはいえ、履歴書と全く同じものを書いては意味がありません。
ここでもあなたをアピールできるようにしっかりと考えてください。

ポイントは
「応募する企業のオリジナリティ」と「あなたが企業に貢献できること」。

この2点をわかりやすくまとめるようにしてください。

応募する企業のオリジナリティについては、企業の独自性・業界でのポジション・商品力・経営体質などを中心に書けるのが望ましいです。

逆に「御社の社員を大切にする経営理念」「風通しの良い風土」「○○という商品が好き」というような、誰でも書けたり、知識の浅い情報をもとに書くのは、逆に低評価となりますので、しっかりと内容を煮詰めるようにしてください。

5.免許・資格

職務経歴書の最後は免許・資格で締めるようにします。

免許・資格はあなたの持っているスキルをわかりやすく説明できるものです。

特に求人に必要条件として書かれている免許や資格を持っていることは、
選考における強みになりますので、絶対書くことを忘れずに!

ちなみに、現在勉強している資格などがあれば、その点についても書いておくべきです。

具体的には、
・現在、TOEIC800点を目指して勉強中
・現在、介護資格取得に向けて準備中

というように取得を目指していることは、あなたの向上心をアピールできるので書く価値があります。

書き終えたら、第3者への確認は忘れずに

こちらも履歴書と同じで、書き終えた後には奥さんや友人、転職エージェントなどに
内容のチェックをしてもらうようにしてください。

特に職務経歴書はアピールしたい内容が多いと、どんどん文章量が増え、
読みにくい書類になっていきます。

大事なのは「わかりやすさ」ですから、できる限り、シンプルで見やすい
書類になるように表現方法やアピールする内容をチェックしてもらってください。

転職エージェントにチェックを依頼し、アドバイスをもらうのもオススメ!

また、そのタイミングでどのような企業に
応募するのかを伝える
ようにしてください。

そうすることで、応募する企業に適した職務経歴書になっているかもチェックしてもらえますし、あなたの中で企業についての情報を整理することができ一石二鳥です。

こうした書類は、自分ひとりの視点だけで作成するよりも、
第3者にチェックをしてもらった方が確実に精度が上がります。

人に自分の経歴を見せるのを恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、ぜひ、そこはチェックしてもらうようにしてください。

まとめ

最後に職務経歴書を書くときの注意点をおさらいしておきます。

  • 職務経歴書にも個人情報を書くようにしよう
  • キャリアの概要をまとめることで、採用担当以外の面接官にも
    パッと経歴を把握できるようにしておこう
  • キャリアの概要は4~5行でまとめる
  • 自分の都合の良い時系列で書くように
  • アピールしたいキャリアの文章量を多めにしよう
  • 志望動機は履歴書と全く同じものを書かないように
  • 最後は免許・資格で締める

以上のポイントを意識して職務経歴書を書くようにしてください。

中高年の転職においては何度も職務経歴書を用意し、企業に送ることになるはずです。

その中で、もちろん通過するところもあれば、不合格となる企業もありますが、
もし、ずっと不合格続きである場合には、再度内容を見直すようにしてください。

転職活動中はつまづいたら、見直す。
これを繰り返すことで、1つずつの関門をクリアしていくことが重要です。

一度書いたら、それっきり、、、ということにならないようにしてください。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について