1. トップページ
  2. 転職者からの質問を用意しよう

転職者からの質問を用意しよう

面接の最後には転職者側から面接官に対して
質問がないかを聞かれるケースが多いです。

実はこの質問をするという行為も
重要なアピールのチャンスであることを忘れてはいけません。

では、どのような質問をするべきなのか?

ここでは転職者が聞くべき質問の例を挙げると同時に
注意点についても詳しく説明します。

「質問をしない=不合格」となることを忘れるな!

面接の最後には必ずと言ってよいほど、
転職者から面接官に対して質問する時間が設けられます。

最後の質問をしないなんて、ありえない!即・不合格です!

この質問する時間を適当に考えてはいけません。
「特にありません」と答えたら、高い確率で不合格となるのです。

なぜなら「特にありません=うちの会社に対して興味がない」という
意味としてとらえられてしまうからです。

逆に、質問する内容によって入社意欲をアピールできる
チャンスでもあります。

ということで、、、
最低でも5個は質問を考え、2個は質問をするようにしてください。

なぜ5個も考えていかなければいけないのか?

どうして5個も考えていくのか?
それは面接の流れに合わせて、質問内容を選ぶことができるからです。

例えば、面接中に新規事業の話で盛り上がった場合、
改めて新規事業について質問をするわけにはいきません。

事前にいくつか考えておき、その場で選べるようにするべし!

その場合は、会社の雰囲気や風土などについて質問をして、
入社する気持ちが強いことをアピールすべきなのです。

逆に1つも考えず、その場で考えようと思っても
急に質問することを考えても出てこない可能性があります。

もちろん、話の流れから、その場で思いついたことを質問するのも悪くはありませんが、もしもの場合に備えて事前に手玉は用意しておいた方が無難といえます。

どんな質問をすれば良いのか?

5個も質問を考えるとなると
「何を質問すれば良いのか思いつかない」という人も出てくると思います。

そこで、管理人がオススメする5つの質問を紹介します。
それが以下の5つです。

  1. ○○事業部が現在抱えている課題はありますか?
  2. ○○様から見ての会社の雰囲気はどのようなものですか?
  3. ○○様のお考えとして、御社の良い部分はどのようなところにありますか?
  4. 今回の募集の目的はどのような理由からでしょうか?
  5. 入社後の部署所属までの流れ、引き継ぎなどについてお聞かせください

それぞれの質問について詳しく説明します。

1.○○事業部が現在抱えている課題はありますか?

対象 募集している事業部の面接官(役員・担当者)
ポイント 募集している事業部が抱えている問題点を聞くことによって、次回以降の面接時に役立てることができます。また、相手側の課題を引き出すことで「一緒に解決していけそうだ」という感覚を抱かせることもできます。

2.○○様から見ての会社の雰囲気はどのようなものですか?

対象 重役以外の面接官
ポイント 面接で仕事についての話が盛り上がったときに有効。会社の雰囲気を聞くことは、入社する意欲が高いことをアピールできます。また、あなたが入社するうえでの大事な参考材料にもなります。

3.中途採用者に対して期待していることはどのような点ですか?

対象 全ての面接官
ポイント 転職者に対して期待していくことをズバリ聞いてしまう質問です。もちろん、こちら側でそれを想定して選考に臨むのですが、+αで求めている部分もある場合もあるため聞き出すようにしてください。

4.今回の募集の目的はどのような理由からでしょうか?

対象 重役以外の面接官
ポイント 求人情報に書かれていることもありますが、書かれていない場合は聞いても失礼にはあたりません。新規事業の立ち上げ・欠員・事業拡大など、企業側の状況を知ることで、次の選考において募集の目的に沿ったキャリアをアピールすれば、内定はグンと近づきます。

5.入社後の部署所属までの流れ、引き継ぎなどについてお聞かせください

対象 人事担当者
ポイント 入社意欲が高いことと、入社後のイメージを相手に植え付けるために効果的な質問です。どうしても質問が思いつかない場合の切り札として使用してください。

以上が管理人がオススメする質問です。

とはいえ、大事なのはあなたが聞きたいことを質問することですから、
紹介した5つ以外の質問をしても問題はありません。

しかし、質問をするときに注意しなければいけないことが3点あります。

こんな質問はダメ!3つの注意点

注意しなければいけないのは以下の3つです。

  1. 浅い知識で質問をするのは危険
  2. 勤務条件について聞くのはNG
  3. 担当者に合わせて質問をするように

それぞれについて詳しく説明します。

1.浅い知識で質問をするのは危険

例えば「御社のHPにおいて○○事業のことが書かれていましたが、
事業の現在の課題と今後の展望についてお聞かせください」という
事業に関心があることをアピールする質問。

いっけん、素晴らしい質問に思えるかもしれませんが、
もし相手から「あなたは○○という事業について、どのようにお考えですか?」と
逆に質問をされた場合、曖昧な回答や浅い知識で回答してしまうと逆効果となります。

質問をして逆に知識の浅さを露呈してしまうのはもったいないので、
事業についての質問をする場合には、自分で業界についての下調べをし、
自分の考えをもって面接に臨むようにしてください。

2.勤務条件について聞くのはNG

給料・残業・休日出勤などについて質問をするのは辞めた方が良いです。

この部分について質問をすると
「勤務条件を気にして、条件が合わないと入社してくれないのだろう」と
考えられてしまうからです。

また、残業や休日出勤についても、仕事をしていくうえでは必ず発生するものであり、
この点に関心があると思われると
「残業はしてくれないんだな」「仕事を優先して働いてくれないんだな」
と思われてしまいます。

このような質問は内定後に確認するようにした方が良いのです。(参考:「内定後の交渉が重要!」)

3.担当者に合わせて質問をするように

最後に最も重要なことを伝えます。
それは「担当者に合わせて質問をする」ということです。

面接官なら誰でも、どんな質問をしても良いと考えるのは大間違いです。

人事担当者は業務の詳しい情報は知りません。
逆に人事以外の担当者は選考や給与などについても詳しく知りません。

相手がわからないような情報を質問すると
「変な質問をしてくるな」「相手に合わせて質問ができないのか」
という印象をもたれてしまいます。

重要!面接官にあわせて、相手が答えやすい質問を選ぶように!

逆に相手が気持ちよく答えられる質問を投げかけることで、面接官はコミュニケーションがスムーズに取れるような印象を抱くのです。

面接の最初に面接官が自己紹介しますので、面接官の所属部署に応じて相手が答えやすい質問を選ぶようにしてください。

以上が質問をするときの注意事項になります。

まとめ(質問内容で好印象を与えよう!)

ここでは面接の最後にする質問についての対策と注意事項を説明しました。
重要なポイントについては以下の通りです。

  • 面接の最後の質問は入社意欲を表す重要なポイント
  • 「特にありません」と回答しては不合格になりやすい
  • 最低でも5個は考え、その中から2個質問をするように
  • 下手な質問をして、こちらの知識の浅さを露呈しないように
  • 面接官に合わせた質問をしよう

以上が質問をするときに注意すべきとです。

ここまで完璧にやり遂げたら、選考の通過・内定はグンと近づきます!
最後まで気を抜かずに面接の準備をしてください。

最後は管理人がオススメする面接当日の行動についての
アドバイス「面接前と面接後の行動が勝負を分ける」です。

面接を受ける前にやること、受けた後にやることは些細なことですが大切なことです。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について