1. トップページ
  2. 面接ステップごとの注意点

面接ステップごとの注意点

採用試験において面接ごとに担当者が違うというのは当然のことです。

そこで必ず覚えておかなければいけないのが、面接官ごとに
アピールすべきポイントを変える必要がある
ということです。

では、各面接ステップにどのような面接官が出てくるのか?
また何をアピールすべきなのでしょうか?

ここではステップごとでやるべき対策を紹介します。

ステップごとに考えるべき面接対策とは?

基本的に面接は一次面接、2次面接、最終面接と各ステップごとに
面接を担当する人が変わり、聞かれる質問される内容も違います。

当然のように思うかもしれませんが実はこれは結構大事なポイントなのです。

なぜなら、
「面接官が変わる=見る視点が違う=アピールすべきポイントが変わる」
ということだからです。

ここが重要!

つまり、面接の各ステップごとに伝えるべきことが違っていて、
面接対策も少しずつ違ってくるのです。

そこで、ここでは各ステップごとに誰が担当をするのか?
また何に注意すべきか?
をまとめていきます。

面接のステップと特徴

中高年の転職では基本的に「1次面接→2次面接→最終面接」
という3回の面接で採用をするかを判断されるケースが多いです。

そこで今回は基本的な3回の面接をベースとして説明をしていきます。

1次面接

担当者 人事・採用担当者
チェック内容 ・求める募集条件に合致するか
・必要な実務能力・経験を備えているか
・社会人としてビジネスマナーや好印象の人材であるか
・勤務時間・入社時期・希望条件(給与など)の確認
ポイント 最初の面接では人事・採用担当者が社会人として優れた人材であるかをチェックする傾向が強いです。そのため深い仕事内容の話よりも、基本的な志望理由ややってきた仕事内容、募集条件に合致した人材であるかがチェックされます。そのため、スムーズにプレゼン(受け答え)ができるかが評価を分ける大きな鍵となります。また、第一印象や受け答えのときの雰囲気なども見られます。多くの転職者の中からふるいにかけ、次の選考に進めるべき人材であるかを見られていると考えておくべきです。
対策として プレゼン力が重視されるため、定番の質問に対して、わかりやすくコンパクトに伝えられるか?を徹底的に対策しておくべきです。また「この人はうちの会社にあっているか?」もチェックされるため、第一印象や明朗快活な受け答えを強く意識するようにしてください。

2次面接

担当者 募集する部署の担当者・責任者
チェック内容 ・実務能力・経験などの具体的な話
・同じ部署のメンバーとしての協調性
・働き方や部下に対する姿勢
ポイント 2次面接では勤務する部署の担当者や管理職が面接官となるケースが多いです。ここでは、過去のキャリアについての具体的な経験や実績が詳しく確認されます。プレゼン力もさることながら、キャリア(実務経験)のなかで、どのような行動を起こし、結果を出してきたかをわかりやすく説明しなければいけません。また、過去の失敗からの改善方法や、弱みなど、より深いエピソードも聞かれることが多いということも覚えておいてください。
対策として どれだけ過去のキャリア・経験をわかりやすく、コンパクトに伝えられるかが重要です。定番の質問にプラスして、どのように実績をあげてきたのか?会社に対して貢献できることはなんなのか?など、あなたのオリジナリティをアピールできるように回答をしっかりと考えておいてください。また、仕事に対する考え方や、部下・同僚に対するコミュニケーション力も厳しく見られるため、人を活かした仕事方法についても話をするようにすることがポイントとなります。

3次(最終)面接

担当者 部長クラス以上の役員+人事部長
チェック内容 ・即戦力として活躍し、企業に貢献できるか
・周りの写真とすぐに打ち解けることができるか
・内定後に必ず入社する意思があるか
・入社条件(給与など)の確認
ポイント 最終面接で確認されるのは採用されるポジションごとで異なります。中高年の方となると部長職・マネージャー・会社役員としての採用になることも多く、その場合は会社を経営する視点で成果を発揮できるかを厳しく確認されます。過去の実績を踏まえながら、どのような貢献ができるかを強くアピールできるかが鍵となります。また、この段階まで来ると内定後にすぐに入社をしてくれるのかも確認されることになることも覚えておくようにしてください。
対策として 経営者・役員クラスが担当する面接のため、いかに企業に貢献できるかを論理立てて説明できるかが鍵となります。改めてキャリアを振り返り、自分が生み出せる価値・結果についてアピールできるようにしておいてください。また、経営者の視点から数字や組織についての話もできるように、企業情報についても詳しくおさらいしておくべきです。最後に勤務条件・入社条件などについて聞かれますが、このタイミングでは全て企業側の意見を飲み、自分と希望と差がある場合は内定後に交渉をするようにしてください。

以上が3つのステップで面接が行われるときのチェックポイントと面接対策となります。

この3つを理解して、1次面接の段階からどのステップにあたっても良いように
事前に準備をしておくようにしてください。

先に準備しておくべきなのは、イレギュラーのケースがあるからです。

こんなパターンもあるので気をつけろ!

今回はわかりやすく基本の3つのステップでの説明をしましたが、
全てがこのパターンに当てはまるわけではありません。

例えば・・・

  • 1次面接(人事担当者+部署担当者)→最終面接(役員クラス)
  • 1次面接(人事部長+役員クラス)→最終面接(部署責任者)
  • 1次面接(人事中堅社員)→2次面接(人事責任者)→最終面接(部署責任者)
  • 1次面接(部署担当者)→最終面接(役員クラス+人事責任者)

というように、面接にも様々なパターンがありますが、
対策とするべきことは前述した内容と変わりません。

気をつけるべきは、いきなり最初から役員クラスが面接官として出てくる可能性もあるので、1次面接を受ける段階では既にどんな面接官が出てきても良いように準備をしておくべきだということです。

気持ちの面でも「1次面接だから、人事担当者だろう」と思っているよりも、他の担当者も出てくる可能性があると思いながら準備をしておいた方が、面接当日に焦らずに済むというメリットもあるのです。

以上のことからも、事前に最終面接までの回答の準備をし、どんな面接官でも柔軟に対応できるようにしておけば、面接であなたの魅力を十分アピールできますよ。

まとめ(面接官にあわせた的確な回答を)

面接の合否を分けるステップごとの担当者とアピールすべきポイントをここでは紹介しました。
改めてポイントをまとめておくと、

  • 面接の担当者ごとにアピールすべきことが違う
  • 人事担当者には社会人として優秀であることをアピール
  • 部署担当者にはキャリア・実務能力・経験をアピール
  • 役員クラスには企業への貢献度、経営者視点での考えをアピール
  • いつ、どの担当者に当たってもよいように事前に最終面接までの準備をしておくように
  • 準備さえできていれば、面接の場で焦ることなく、落ち着いて受け答えができる

以上のことを説明させていただきました。

面接で良い結果を残せるかどうかは事前準備次第。
徹底的に回答のシミュレーションをすることを怠らないようにしてください。

次のステップでは中高年の転職において、お決まりと言っても良い
よくある質問と回答をまとめた「想定質問集と回答」です。
頻繁に質問される質問集と、そのベストな回答方法を紹介します。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について