1. トップページ
  2. 知人・縁故者から探す

知人・縁故者から探す

一般的に、縁故者や知り合いに頼って求人情報を手に入れるのは
悪いことだと考えている人もいるかもしれません。

しかし、この縁故者や知り合いからの情報提供ほど、
高確率で内定をもらえる方法はありません。

特に中高年の方には、これまでの人生・キャリアで
培ってきた人脈が豊富にある人も多いはず。

この人脈を活かした転職活動方法について説明をします。

周りの人を活かすことは悪くない!

中高年の転職において、これまでの人脈を活かし、
知人や縁故者の助けを借りて、求人を紹介してもらうことは、とても有効的です。

しかし、実際にはほとんどの人が周りの人に頼ることなく、
自分の力だけで転職活動をしようと考えます。

「人に頼るのは恥ずかしいし・・・」なんて言っている場合ではない!そのプライドが大きな損となる。

それは40歳を超えている年齢と自分自身のプライドが邪魔をして、人に対して転職の相談をするのを恥ずかる人が多いから。

ですが、そんなプライドは今すぐにでも捨ててください。

転職を成功させるには、なりふり構わず、使えるものは使うという
スタンスで臨む方が確実に内定をたぐり寄せることができるのです。

しかも人から紹介してもらった求人は内定を
手に入れられる可能性が高い!

というのが管理人のこれまでの経験から言うことができます。

では、なぜ紹介された求人は内定を得やすいのでしょうか?

知人・縁故者からの紹介は採用されやすい

知人・縁故者から紹介してもらった求人が内定を得やすい理由は、

  • 書類選考を飛ばして、面接からスタートすることが多い
  • 紹介者によって、あなたの評価を高めてもらえる
  • 紹介者の信頼度によって、あなたの評価も自然と上がっている

という理由が挙げられます。
それぞれの理由についてもう詳しく説明します。

書類選考を飛ばして、面接からスタートすることが多い

まず最大のメリットがこの点にあります。

本来であれば、「申込み→書類選考→面接→内定」という流れで選考は
進むものですが、知人や縁故者からの紹介となると書類選考を飛ばして、
いきなり面接からスタートするケースが多いです。

それは企業側が紹介者の顔を立てたり、紹介者の信頼から
書類選考はしなくても問題ないと考えることが多い
からです。

書類上で書かれている情報で判断されるのではなく、
あなた自身のプレゼン力や人柄で勝負できるというのは
かなり大きなアドバンテージとなります。

人からの紹介は選考において
大きなアドバンテージとなる!これを見逃してはいけない!

紹介者によって、あなたの評価を高めてもらえる

紹介者が企業にあなたを紹介するときには、
あなたがどのような人材であるかを
簡単に説明しておいてくれることが多いです。

これにより、あなたは面接を受ける前から、企業側に良い
イメージでアピールしてもらうことができる
のです。

管理人はこれを「Tアップ」と呼んでいます。
(ゴルフのTショットのように持ち上げられているという意味です)

あとはあなたが紹介者が持ち上げてくれた内容に合わせて
面接でアピールすることができれば内定を手に入れられる可能性はグンと高まります。

そのためにも、事前に企業側にどのように紹介をしてもらっているのかを
確認するのは忘れないようにしてください。

紹介者の信頼度によって、あなたの評価も自然と上がっている

紹介者がどれだけ信頼されているかによっても、
あなたの評価というのは違ってきます。

総合的なあなたの評価が上がる!

紹介者の信頼度が高ければ高いほど、あなたの評価というのは高くなるため、ここでも他の転職者とは大きなアドバンテージになるのです。

逆に紹介者の信頼度が低ければ、評価も高くはなりませんが、
企業からの信頼がない人が、その企業を紹介してくれることは考えにくいため、その心配をする必要はないでしょう。

このような恩恵を受けることができるというのは、
知人や縁故者の紹介だからこそ。

人に頼ることが、いかに大きなメリットとなるのかがわかるかと思います。

ただし、人から紹介をしてもらうときには、
紹介者の印象を傷つけないように注意しなければいけません。

紹介の場合は、紹介者の印象を傷つけないように

人から求人を紹介してもらえると、その紹介者の後ろ盾もあり、
選考において大きなアドバンテージを得ることができます。

しかし、同時にあなたが紹介者の信頼を失わせてしまうことも
大いにあり得る
ことも忘れないでください。

二度とおまえには紹介しない!と言われた・・・と後で反省することにならにように!

企業は紹介者のことを信頼して、あなたの選考をしてくれます。

もし、あなたが選考において横柄な態度を取ったり、
失礼な受け答えをした場合、あなたの悪い評価がそのまま
紹介者の評価に繋がるのです。

こうなると、紹介者は二度とあなたの転職活動に力を貸そうとは
してくれません。最悪の場合、縁を切られることもあります。

くれぐれもこうならないように、
選考には万全の準備をして臨み、丁寧な対応を心がけてください。

まとめ(知り合いからの情報は最大限活用しよう)

最後に知人・縁故者などから求人情報を集めるときに
気をつけてほしいことをまとめておきます。

  • 中高年の転職において知り合いからの紹介は強力な武器となる
  • プライドを殴り捨てても周りの人から求人情報を得られるようにしよう
  • 紹介された求人は内定を得られる可能性が高い
  • 紹介された企業の選考を受けるときは、紹介者の印象を傷つけないように

これまでの人脈を活かして求人情報を手に入れることは決して悪いことではありません。

むしろ、これまでのあなたのキャリア・人生における
財産であり、それをこのタイミングで活用しない手はないのです。

ぜひ、紹介してもらえる伝手がある人は積極的に活用することをオススメします。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について