1. トップページ
  2. 40代前半(40~44歳)の転職方法

40代前半(40~44歳)の転職方法

40代前半で転職することを考えている方は
果たして転職することはできるのでしょうか?

また、転職を成功させるためにはどのようなことに
気をつけなければいけないのか?何を最優先にやるべきなのか?を説明します。

40代前半(40~44歳)は転職できるのか?

40歳から44歳の転職者の方は転職に成功することができるのか?

結論を先にお伝えすると、
転職に成功できる可能性は非常に高いです。

そのためかなり多くの求人情報を手に入れることができるはずです。
その理由として

  • 長期的な視点から見ても雇いやすい
  • 管理職(リーダー職)の経験もある
  • 新規部署やプロジェクトの立ち上げも任せられる
  • 50代よりも吸収力が高く使いやすい
  • 職場内でもギリギリ打ち解けられる年代

などの理由が挙げられます。これらについて詳しく説明をします。

企業が40代前半の転職者を求める理由

長期的な視点から見ても雇いやすい

40代前半は転職の大チャンス!企業としても使いやすいのです!

定年を1つキャリアのゴールとした場合、40代前半というのは
社会人としてまだ20~25年近くも働くことができます

そのため雇っても数年間で辞めてしまう人よりもはるかに採用して、
企業に成果を残せる可能性が高いと企業は考えています。

管理職(リーダー職)の経験もある

40代となると多くの人が現職(or前職)において管理職などの
リーダー的なポジションに就いた経験があるはずです。

40代前半は管理職としての一定の成果を出した後ということや
20代・30代の社員を率いるのには最も適した年代と言えます。

新規部署やプロジェクトの立ち上げも任せられる

企業によっては新規で事業を立ち上げようと考えて
中高年の責任者を採用しようと考えています。

管理職としてもプレイヤーとしても働ける40代前半というのは
新たな事業の立ち上げにはもってこいの人材なのです。

50代よりも吸収力が高く使いやすい

40代前半というのは自分の仕事の型ができあがりつつあるも、
まだまだ成長段階の途中でもあります。

社内にはまだ自分よりも上の年代もいることなどから、
物事を柔軟に考え、吸収力も高いと考えられており、
新しい環境でも順応できやすい年代
といえるのです。

職場内でもギリギリ打ち解けられる年代

転職するとなると、新たな会社のメンバーとコミュニケーションを
ゼロから取らなければいけません。

こちらもこの年代であれば、まだ若手社員とのコミュニケーションを
スムーズに取ることはできます
し、上の年代の人ととも取りやすいため、
部署内での潤滑油として貢献できることもあると考えてもらえるのです。

以上のようなことから40代前半(40~44歳)というのは
転職には有利な立場であると言えます。

では、この年代の人が転職活動をするうえで気をつけるべきことはなんなのでしょうか?

40代前半(40~44歳)が転職活動で気をつけるべきこと

40代前半の転職者が特に気をつけるべきことは以下の3点です。

  • 残り20年間のキャリアプランをしっかりと立てる
  • プレイヤーか管理職なのか、どちらの募集かを見極める
  • 将来的には管理職を希望することを伝える

こちらも、それぞれについて詳しく説明をします。

残り20年間のキャリアプランをしっかりと立てる

この先のキャリアプランを考えておくことが重要!

まず転職することを決めたら、残り20~25年間の社会人生活(キャリア)を
どのように過ごし、どのように成長していきたいかを明確にしてください。

40代前半というのは、キャリアで言えばまだ半分というところです。

キャリアプランは転職活動における軸であり、これがなければ企業からは
「なんで転職したいの?現状に不満を感じているだけでしょ?」
と門前払いされるのがオチです。

そのためキャリアプランをどれだけ具体的かつ魅力的に描けるかが、
転職の成否は決まる
といっても過言ではないのです。

またキャリアプランを描けているというのは、成長意欲や仕事に対する
熱意をアピールするうえでも重要なポイントにもなります。

転職活動をスタートさせるときには、自分自身の整理のためにも必ず
キャリアプランを描くようにしてください。 (参考ページ→キャリアプランと転職条件を描く

プレイヤーか管理職なのか、どちらの募集かを見極める

企業に応募をするときにはプレイヤー職なのか?管理職なのか?というのを
必ず見極めて申し込むようにしてください。

そして、プレイヤー職に申し込むときにはキャリアの中で
個人として出してきた成果を重視してアピールをするように。

逆に管理職に申し込むときにはキャリアの中でリーダーシップを
発揮して出した成果を重視してアピールをするようにしてください。

40代前半というのは、まだプレイヤーとしての成果が求められる年齢でもあります。
どちらの能力を期待して採用しようと考えているのかを、
しっかりと見極め、それに応じたアピールをするように
してください。

将来的には管理職を希望することを伝える

これはプレイヤーとして採用されるときの話です。

重要!必ず長期的には管理職を希望することを伝えるように!

先ほども説明したとおり、プレイヤーは個人で出した成果をアピールするのが求められますが、同時に将来的には管理職としてチームを率いたいということもアピールをするようにしてください。

それにより、長期的に働く意思があることや、成長意欲が高いことをアピールすることができ、他の転職者と差を付けることができます。

面接官があなたの長期的な活かしどころをイメージすることができれば、
選考の通過はグンと近づくのです。

まずは転職活動の計画を立ててください!

40代前半の方が気をつけるべきことを理解したら、
次は転職活動の計画を立てていきましょう。

はっきり言いますと、転職活動は長くやったからといって成功するわけではありません。
むしろ長期間になればなるほど成功率というのは下がっていきます。

ダラダラやっていても転職は成功しないのです。

ですから転職活動をやると決めたら、
まずは転職活動の計画を立てて、短期間で終わらせるようにしきっちりと準備をしましょう。
※詳しい計画の立て方は「転職活動の計画を立てることがスタート!」を参考にしてくだい。

そして、、、

もし転職するべきか悩んでいるのであれば、転職活動を始める前に
転職エージェントに相談することをオススメします。

転職エージェントは企業と転職者を繋ぐ無料のサービスのこと。
そのサービスの1つに転職希望の相談に乗るサービスがあるのです。
(参考:「転職エージェントから探す」)

重要!転職活動を始めるときには転職エージェントに相談を!

現在、転職するかを悩んでいるのであれば、
まずは転職エージェントに「今、転職すべき
タイミングなのか?」ということを相談してみる
と良いでしょう。

業界によっては採用状況が芳しくなく、今は転職活動を
控える方が良いと判断できるきっかけになるかもしれません。

また、転職をしても現状よりも良い環境で働けないとわかったら、
転職することを思いとどまるかもしれません。

悩んでいるのであれば、まずは情報収集を。

40代前半は転職に有利な立場にあるからと言って漠然と転職活動をするのではなく、
意志と計画性をもって転職活動を進めるようにしてください。

まとめ(40代前半は転職には有利な年代)

ここでは40代前半(40~44歳)の方向けの転職活動に対するアドバイスをまとめました。

ポイントは

  • 40代前半は転職に成功できる可能性は非常に高い
  • 長期的視点や社内環境に順応しやすい点も高評価
  • 転職活動をするときには20年間のキャリアプランを考える
  • 将来的には管理職を希望することをアピールするように
  • 短期集中のためにも転職活動の計画をしっかり立てよう
  • 悩んでいるのであれば転職エージェントに相談を

40代前半の方は比較的に転職活動に成功しやすいです。

しかし、だからといって適当に転職を進めてはいけません。
あくまでも成功するのは万全の準備をした場合に言えること。

適当にやって成功するほど甘くはありません。

真剣に取り組んだ人だけが転職活動を成功させられるのです。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について