1. トップページ
  2. 40代後半(45~49歳)の転職方法

40代後半(45~49歳)の転職方法

40代後半となると転職はだんだんと難しくなってきます。
しかし、この年代でも転職を成功させる方法はあるのです。

では、何に注力をすれば転職に成功できるのか?
どんなことに気をつけなければいけないのか?

転職を成功させるためのテクニックをお伝えします。

40代後半(45~49歳)は転職できるのか?

結論、不可能ではありません。
ですが40代前半と比べるとグンと厳しくなることは否めません。

40代後半でも転職する方法を紹介します!

やはり企業としては長期的に一緒に働き、企業に貢献してくれる
人材を求めているため、そう簡単には転職を成功させることは
できないのです。

ですが「120%不可能か?」というと、そうではありません。

40代後半の転職者を求めている企業もあることは事実です。

では、どのような企業が40代後半の人材を求めているのでしょうか?

40代後半(45~49歳)の人材を求めている企業とは?

40代後半の人材を求めているのは以下のような企業です。

  • 業績を大幅に改善しようと考える企業
  • 少人数で成果を上げようと考えている企業
  • 新興企業で経験豊富な社員が少ない企業
  • 会社の基盤を整えようと考えている企業
  • 新規事業(プロジェクト)の立ち上げを考えている企業

このような企業は新卒や若い転職者よりも、
すぐにでも成果を出すことができる人材を求めています。

ただ、このような企業は世の中にたくさんあるわけではありません。

つまり、どれだけこういう有力な求人情報を掴めるかが勝負を分ける大きな鍵となるのです。

とにかく求人情報を集めることに注力してください!

一番大事なのは求人情報を集めることです。
40代後半の方は求人情報を集めるためには四の五の言ってられません。

求人サイト転職エージェント新聞、雑誌などありとあらゆる
媒体から求人情報を集めてください。

ここで重要なのが自分のキャリアを活かせる求人を中心として、
申込みを受け付けている求人は全てチェックするようにしてください。

もちろん、同業界・同職種の求人の方が内定を得やすいのですが、
それでも少しでも可能性を広げるためには異業界・異職種の情報も手に入れるようにしてください。

重要!求人情報の量が勝敗を分ける!全力で取り組むべし!

1つでも多くの求人を集めるようにしてください。

詳しい集め方については「求人情報を徹底的に集める!」を参考にしてください。

そして、求人情報を集めることができたら、
次はとにかく選考を受けてください。

どの企業があなたを求めているかはわかりません。
ここは数の勝負となりますので、躊躇せずに申し込んでください。

選考で気をつけるべきことは?

選考に進むことができたら、企業にあわせてあなたのキャリアをアピールしていくのですが、このときに実績に加えて以下のポイントをアピールすることも忘れないでください。

  • 管理職(マネージャー)としてのアピールをする
  • コミュニケーション能力のアピールを忘れずに
  • 振り返り&改善を何度も繰り返す

それぞれについて説明します。

管理職(マネージャー)としてのアピールをする

40代後半に求められているのは個人のプレーヤーとしての
成果ではなく、ズバリ管理職(マネージャー職)としての働きです。

必ず個人の成果だけではなく、管理職としての成果や
キャリアをアピールするようにしてください。

コミュニケーション能力のアピールを忘れずに

40代後半の転職者に対して企業は「部署を率いる力があるか?」
ということに加えて、「周りの社員に溶け込めるか?」ということも
チェックをしてきます。

管理職として仕事の成果をアピールするのに加えて、
これまで周りの社員とどのようにコミュニケーションを取り、
良好な関係を築いてきたのかをアピールすることを忘れないように
してください。

個人プレイヤーは求められていないのです。

振り返り&改善を何度も繰り返す

転職活動において選考はただ受ければ良いわけではありません。

選考に通過したにせよ、不合格になったにせよ、必ず1つ1つの選考を振り返り、
次回に活かすようにしていってください。

どうしても多くの人が一度自分の形を決めてしまうと、
そのやり方ばかりを踏襲してしまいますが、悪い部分を改善できず
何度も選考を受けていてはいつまで経っても選考に通過できません。

この振り返りと改善を繰り返すことで、次第に選考の通過率が上がっていき、
最終的に内定を得ることができる
のです。

以上が選考において気を付けるべきことです。
この3つのポイントだけは絶対に外さないようにしてください。

まとめ(厳しい40代後半の転職を乗り切ろう)

ここでは40代後半(45~49歳)の転職者を対象とした転職活動の方法を説明しました。
ポイントを改めて整理すると、、、

  • 40代後半の転職は不可能ではないが、かなり厳しい
  • しかし!求めている企業があるのも事実
  • 1つでも多くの求人情報を集められるかが重要
  • 選考では管理職経験とコミュニケーション力のアピールを忘れずに
  • 選考後には必ず振り返りと改善をするように

以上のことを注意しながら転職活動を進めてください。

このエージェントを活用せよ!

転職を成功させる5ステップ

中高年の転職に関する知識

求人媒体と情報の集め方

履歴書・職務経歴書の書き方

内定を取るための面接の極意

タイプ別に考える転職活動

サイト運営について